【ジュネーブモーターショー15】ヒュンダイの欧州Dセグ、i40 に2015年型…大幅改良で全面進化

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『i40』の2015年モデルを初公開した。

現行i40は2011年秋、フランクフルトモーターショー11で発表。ヒュンダイの欧州Dセグメントにおける主力車に位置付けられる。

i40は米国中型セダン市場において、トヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』などと競合する『ソナタ』の韓国および欧州仕様。i40は基本的に先代ソナタと共通。見た目の違いは、フロントマスクが変更された程度。また、ソナタにはないステーションワゴンが用意されるのも、i40ならではの特徴。

ジュネーブモーターショー15で初公開された2015年型ルは、現行i40のデビューから3年を経て、初の大幅改良を受けたモデル。外観は、グリルやヘッドライト、バンパーのデザインを変更。インテリアは、素材の見直しにより、質感を引き上げた。

メカニズム面では、新開発の7速デュアルクラッチトランスミッションを用意。環境性能に優れる最新のディーゼルエンジンの設定や、安全装備の充実も図られた。

ヒュンダイは、ジュネーブモーターショーのプレスカンファレンスで、「i40は欧州での発売以来、累計販売台数が10万台を超えた。2015年モデルは、全ての面で洗練度を増した」とアピールしている。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイ i40 の2015年モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ i40 の2015年モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ i40 の2015年モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ i40 改良新型
  • ヒュンダイ i40 改良新型
  • ヒュンダイ i40 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ