セブン銀行、移動ATM車を新開発…ATMスライドシステムで車両の外に設置

業界 レスポンス

セブン銀行は、災害時に顧客の生活を支援する「新移動ATM車両」を導入したと発表した。

東日本大震災の発生後、セブン銀行では、ATMの営業再開に時間がかかる地域へ、ATMサービスを提供する移動ATM車両を3台派遣、被災者の生活を支援してきた。

今回、移動ATM利用者から寄せられた意見を反映させ、移動ATM車両を使いやすく、場所を選ばずサービス提供できるよう新移動ATM車両を開発した。

新移動ATM車両は、新機能「ATMスライドシステム」によってATM車両の外に設置できる。また、ATM専用バッテリーと発電機を装備しており、電源がなくてもサービスを提供できる。

新移動ATM車両は、3月14日から18日までの5日間、仙台市で開催される「第3回国連防災世界会議」で実際にATMサービスを提供する。

  • 編集部
  • セブン銀行が開発した新移動ATM車両
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ