ルノー、アルゼンチン工場に投資…ダチアブランド3車を生産へ

業界 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーは3月11日、アルゼンチン工場に1億ドル(122億円)を投資し、ダチアブランド車を生産すると発表した。

1億ドルの投資が行われるのは、アルゼンチンのサンタイサベラ工場。同工場の製造ラインなどを改修し、2016年半ばから、ダチア車を組み立てる。

同工場で新たに生産されるのは、ダチアの『ロガン』、『サンデロ』、『サンデロ・ステップウェイ』の3車。南米などの新興国を中心に、3車に対する需要が増していることから、ルノーはアルゼンチン工場での生産に踏み切る。

また、ルノーは新世代の車台の投入を予定しているが、この車台投入後も、アルゼンチンでの生産を継続すると発表。中長期的に、アルゼンチン工場では、新世代車台を利用した新型車を生産する計画。

ルノーアルゼンチンのCEO、Thierry Koskas氏は、「アルゼンチンはルノーグループにとって、南北アメリカ大陸での生産と販売を増やす戦略の重要拠点」と述べている。

  • 森脇稔
  • ルノー サンデロ・ステップウェイ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ