佐川急便、丸の内エリアの集配に日産の電気自動車 e-NV200 を導入

エコカー レスポンス

佐川急便は、東京の大手町・丸の内・有楽町地区のグリーン物流構築の一環として、3月1日から電気トラックによる集配業務を開始したと発表した。

同社は、昨年10月1日から「大丸有(大手町・丸の内・有楽町)・神田地区等グリーン物流促進協議会」、「大丸有地区エリア集配実験実行部会」とともに、大丸有地区全体の物流コーディネート業務を実施し、エリア内のグリーン物流の構築を検討している。

同協議会から、物流事業者各社へ低公害車両への転換促進の要望があり、佐川急便はこれに対応して天然ガストラックを導入して集配業務を実施してきた。

今回、排出ガスゼロの日産自動車の商用電気自動車『e-NV200』を同エリアの天然ガストラック5台と代替し、エリア内のグリーン化を加速する。

e-NV200は、従来の1BOX車と比較して低床であることから、乗降性が良く荷物の積み降ろしがしやすいなど、作業環境の改善が図れ、環境対応に加えて、集配作業の効率化が図れると判断した。また、e-NV200車両の後部座席には防災用の電源供給機能があり、緊急時の電源としても活用でき、エリア内のBCP対策にも寄与する。

  • 編集部
  • 佐川急便が丸の内エリアの集配に日産 e-NV200を導入
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ