【ジュネーブモーターショー15】ヒュンダイ ツーソン 新型に「48Vハイブリッド」…コスト低減

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、新型『ツーソン』の「48Vハイブリッド」を初公開した。

ツーソンは、ヒュンダイのグローバル小型SUV。初代モデルは2004年に登場。2代目の先代は2009年8月、韓国で新型『ツーソンix』として発表。同年9月のフランクフルトモーターショー09では、その欧州仕様の『ix35』を初公開した。

ジュネーブモーターショー15で初公開された新型は、3世代目モデル。新型ツーソンは、大胆でがっしりとしたデザインを採用し、個性的なSUVを表現。インテリアは、上品さと人間工学を両立しつつ、効率的パッケージのおかげで広大な室内を実現した。コネクティビティも追求。アクティブ、パッシブ両面で、安全性も引き上げられた。

ジュネーブモーターショー15では、新型ツーソンの48Vハイブリッドも、同時初公開。同車は、新型ツーソンをベースに開発されたハイブリッド車。新開発の48Vハイブリッドシステムを搭載する。

48Vハイブリッドは、大型セダンやSUVのためのシステム。48Vのリチウムイオンバッテリーと、最大出力14psのモーターを組み合わせた。ベースのディーゼル車と比較して、パワーは10%増えながら、環境性能は大幅に改善。ヒュンダイは、「フルハイブリッドと比較して、コストは4分の1」と説明している。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイ ツーソン 48Vハイブリッド(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ ツーソン 48Vハイブリッド(ジュネーブモーターショー15)
  • ヒュンダイ ツーソン 48Vハイブリッド(ジュネーブモーターショー15)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ