【ジュネーブモーターショー15】シュコダ オクタビアに「RS230」…230psターボで歴代最速

新車 レスポンス

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『オクタビア』の「RS230」を初公開した。

オクタビアは、シュコダの主力Cセグメント車。初代モデルは1996年に発表され、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やアウディ『A3』と車台を共用。2004年には、2代目にモデルチェンジ。引き続き、ゴルフやA3と車台を同じくする。

2012年12月、シュコダは3世代目となる現行型を発表。フォルクスワーゲングループが新開発した新型モジュラープラットホームの「MQB」を、新型ゴルフや新型アウディA3に続いて採用した。ボディタイプは、セダンとワゴンの2種類を設定。

ジュネーブモーターショー15で発表されたRS230は、オクタビアのスポーツグレード。車名の「230」は、最大出力を意味。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンは、最大出力を10ps引き上げ、230psを獲得する。

トランスミッションは6速MTと6速DSG。6速MTの場合、0-100km/h加速6.7秒、最高速250km/hの性能を発揮する。シュコダは、「歴代で最速のオクタビア」と自信を示している。

  • 森脇稔
  • シュコダ オクタビア RS230(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダ オクタビア RS230(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダ オクタビア RS230(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダ オクタビア RS230(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダ オクタビア RS230(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダ オクタビア RS230(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダ オクタビア RS230
  • シュコダ オクタビア RS230
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ