ブリヂストン、SUPER GTで「何としても挽回したい」…比留間常務

モータースポーツ レスポンス

3月13日、ブリジストンは2015年のモータースポーツ活動計画を発表した。2015年も、グラスルーツからトップカテゴリーまで、国内外の幅広いモータースポーツで多くのチームやドライバーをサポートしていく。

昨年は惜しくもあと一歩のところでチャンピオンを逃したSUPER GTでは、最新技術を投入し、是が非でもチャンピオンを獲得するという強い意志を表した。

「昨年、残念ながらSUPER GTに関しては、最後の一歩で力及ばずチャンピオンシップを逃してしまった。今季は競争力の高いタイヤを供給し、何としても挽回したい」(常務執行役員 製品開発管掌 比留間雅人氏)

F1やスーパーフォーミュラー、WTCCなど、トップカテゴリーのモータースポーツではイコールコンディションを保つために、タイヤに関してはワンメイクが主流となっている。

しかし、国内モータースポーツの最高峰であるSUPER GTでは、ブリジストン以外にも、ミシュランタイヤをはじめとする多くのタイヤメーカーが参戦。チーム同士、自動車メーカー同士の戦いだけではなく、”タイヤ戦争”と呼ばれるほど、タイヤメーカー同士が熱い戦いを繰り広げている。

今シーズンは「LEXUS TEAM PETRONAS TOM’S」からエントリーする伊藤大輔選手によると「世界的にもタイヤメーカーが色々出ているレースは珍しく、勝つのがとても難しい」という。

比留間氏は「本年度は、新技術の導入に合わせ新しいタイヤの投入し、勝てるタイヤを開発、提供していく。タイヤは、タイヤだけでは走れない。クルマに装着し運転することで、初めてその力を発揮する。今年もライダーやドライバー、チームと一体になって全力でモータースポーツ活動に取り組く」と述べた。

  • 橋本 隆志
  • ブリジストン 2015年モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • ブリジストン 2015年モータースポーツ活動計画発表会《撮影 橋本隆志》
  • 製品開発管掌 比留間雅人氏《撮影 橋本隆志》
  • 伊藤大輔選手《撮影 橋本隆志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ