【ジュネーブモーターショー15】フォード エコスポーツ に改良新型…背面スペアタイヤが消えた

新車 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、改良新型フォード『エコスポーツ』を初公開した。

初代エコスポーツは2003年に発表。ブラジルで生産され、主に南米で販売された小型SUV。ブラジルなどの南米市場では、累計70万台を売り上げた人気車種。

2代目の現行型は2012年春、北京モーターショー12でワールドプレミア。2代目エコスポーツは、フォードモーターのコンパクトカー、『フィエスタ』の車台をベースに開発。主に都市部に住む若い世代をターゲットに、コンパクトなSUVフォルムを構築する。日本市場にも2014年夏、導入された。

今回、ジュネーブモーターショー15では、2代目エコスポーツがデビュー3年を経て、初の大幅改良を実施。そのハイライトは、背面スペアタイヤのレスオプションが選択できるようになった点。従来よりも、軽快な雰囲気を演出する。

室内は、ダッシュボードのデザインを変更。クロームのアクセントを追加した。足回りは、車高を10mmダウン。ESCとパワーステアリングのチューニングを見直した。スプリングとダンパーの設定も変更されている。

  • 森脇稔
  • フォード エコスポーツ 改良新型(ジュネーブモーターショー15)
  • フォード エコスポーツ 改良新型
  • フォード エコスポーツ 改良新型
  • フォード エコスポーツ 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ