日産、電気トラックを実証運行…千代田区の自転車シェアリング事業で

エコカー レスポンス

日産自動車は3月16日、電気トラック『e-NT400テストトラック』の実証運行を、千代田区のコミュニティサイクル事業実証実験「ちよくる」内で開始すると発表した。

「ちよくる」は、NTTドコモと東京都千代田区が、2014年10月から実施している千代田区のコミュニティサイクル(レンタルサイクル)事業の実証実験。日産はe-NT400テストトラックのモニター車を貸与、ドコモと千代田区は、区内約30か所のサイクルポート(自転車の貸出・返却拠点)間で、次世代コミュニティサイクルシステムを搭載した自転車の再配置運営に2か月間活用する。

e-NT400テストトラックは、小型トラック『アトラス』をベースに、『リーフ』のコンポーネントを最大限活用した電気自動車(EV)システムを搭載。ゼロエミッションの小型トラックとして将来の量産化を目指している。

日産では、今回の実証運行で得られたデータをもとに、走行性能や充電の運用などに関する検証を進め、今後の開発に生かしていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ