ヤマト運輸、フリマアプリのメリカルと提携…出品・配送の手間を削減

業界 レスポンス

ヤマト運輸は、フリマアプリを展開するメルカリと提携して、業界初となるサービスを4月1日から開始すると発表した。

新しいサービスでは、ヤマト運輸とメルカリのシステムを連携することで、配送の手間を大幅に削減する。

具体的には、フリマアプリ「メリカル」で購入成立後、メルカリからQRコードを、メルカリのアプリ上で出品者に発行する。出品者は、ヤマト運輸直営店に配送商品を持ちこみ、QRコードを店頭端末「ネコピット」で読み取り、送り状を印字する。

商品が購入者に届き、出品者と購入者が相互評価を行った後、販売金から販売手数料と送料が差し引かれ、出品者のアカウントに入金される。

料金は、出品時の価格が決めやすい、全国どこから発送しても同一の料金設定となる。また、メルカリが料金の一部を負担することで、通常の「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」の料金よりも、ほぼ全ての場合、安価な料金で利用できる。

今後は、発送窓口を拡大し、コンビニエンスストアなどでの送り状発行と発送の受付け、ヤマト運輸セールスドライバーによる集荷に対応していく予定。

  • 編集部
  • ヤマト運輸とフリマアプリのメリカルが提携して新サービスを提供
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ