ZMP、超高感度CMOSイメージセンサ搭載のステレオビジョンシステム発売

業界 レスポンス

ZMPは3月17日、超高感度CMOSイメージセンサを2個搭載したステレオビジョンシステム「RoboVision2」の受注を開始した。

RoboVision2は、ソニー製車載向け超高感度CMOSイメージセンサ「IMX224」を2個搭載し、USB3.0でPCにデータを取り込めるステレオビジョンシステム。暗闇に相当する0.005ルクスの低照度でも、最大1280×960ピクセル、60fpsの高画質なカラー映像を取得できる。

また、アプリケーション開発環境(SDK)として、カメラのキャリブレーション等の設定や視差画像を出力するためのライブラリ、画像を確認できるアプリケーションが付属する。

新製品は、夕方や夜間でも先行車両や歩行者などのセンシングが必要となる、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車両の研究開発に活用できる。

価格は86万4000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ZMP RoboVision2
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ