【ジュネーブモーターショー15】ナノフローセル、小型EVクーペ クアンティーノ 初公開

新車 レスポンス

リヒテンシュタインのナノフローセル(nanoFLOWCELL)社は3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、コンセプトカーの『クアンティーノ』(QUANTiNO)を初公開した。

ナノフローセル社は、リヒテンシュタインに本拠を置く新興企業。同社は2014年3月、ジュネーブモーターショー14において、コンセプトカーの『クワントeスポーツリムジン』を発表。

クワントeスポーツリムジンは、同社のヌンツィオ・ラ・ベキア氏が中心になって、開発が進められた特別な研究開発車両。その開発には、ドイツの自動車部品大手、ボッシュも参画している。

このクワントeスポーツリムジンの進化形として、ジュネーブモーターショー15では、『クワントF』を初公開。同時にデビューしたもう1台のコンセプトカーが、クアンティーノ。

クワントFは大型のリムジンだが、クアンティーノは全長3910mmの小型4シータークーペ。EVパワートレインは、モーターが最大出力136hpを発生。同社独自のナノフローセルパワートレインは、2個のタンクに液体電解質を内蔵し、電池の中で循環。最大1000kmの走行を可能にしている。

  • 森脇稔
  • ナノフローセル クアンティーノ(ジュネーブモーターショー15)
  • ナノフローセル クアンティーノ(ジュネーブモーターショー15)
  • ナノフローセル クアンティーノ(ジュネーブモーターショー15)
  • ナノフローセル クアンティーノ(ジュネーブモーターショー15)
  • ナノフローセル クアンティーノ
  • ナノフローセル クアンティーノ
  • ナノフローセル クアンティーノ
  • ナノフローセル クアンティーノ
  • ナノフローセル クアンティーノ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ