ヤマト運輸、日本発台湾向けの「国際クール宅急便」の取扱いを開始へ

業界 レスポンス

ヤマト運輸は、3月30日から日本発台湾向けの「国際クール宅急便」サービスの取扱いを開始する。

日本発台湾向け国際クール宅急便サービスによって日本の事業者が新鮮な農水産品を小口で輸出できるようになる。台湾の消費者やホテル・レストランなど、事業者が求める日本産の農水産品へのニーズに対応、日本の事業者にとって台湾市場への販路の拡大が図れる。

「国際クール宅急便」は、全国6万人のセールスドライバーが集荷と、約4000カ所の同社直営店で、荷物1個から送ることができる。サイズは「クール宅急便」と同じ。最短で翌日の夕方から、台北市内の統一速達の営業所で引き取ることができ、翌々日の午前中からは、店舗や自宅まで配達する。

日本と台湾での保冷輸送に加え、航空輸送でも航空保冷コンテナを使用する。沖縄(那覇空港)・台湾(松山空港)にも定温仕分け室を設置し、保冷資材を使用しない高品質な保冷輸送を提供する。

届け先の台湾では、2000年から同社とライセンス契約を結び宅急便事業を展開する統一速達が、日本と同様に保冷機能を備えた車両で配達する。

同社では、国際クール宅急便を香港で展開しており、今回の台湾に続いて2015年度中にシンガポール向けでも開始する。その後も、仕向地拡大を進め、国際物流のボーダレス化・シームレス化を図り、2020年までに農水産品・食品の輸出額を1兆円に拡大していく日本の成長戦略を支えるとしている。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ