【スーパーフォーミュラ】最終戦タイトルは、2年連続で「JAF鈴鹿グランプリ」に決定

モータースポーツ レスポンス

JAF(日本自動車連盟)は、11月8日に鈴鹿サーキットで開催される全日本選手権スーパーフォーミュラの最終戦に昨年に引き続き「JAF鈴鹿グランプリ」のタイトルを付与することを決定した。

「JAF鈴鹿グランプリ」は、1974年11月にフォーミュラ2000で開催されたことを皮切りに1986年まで続いた、シリーズ最終レースに与えられた伝統あるタイトル。昨年、28年ぶりに復活した歴史あるタイトルが今年も付与される。

今年のスーパーフォーミュラは、これまでの鈴鹿サーキット、富士スピードウェイ、ツインリンクもてぎ、スポーツランド菅生、オートポリスに加え、岡山国際サーキットでのレースが復活する。

ドライバーは、12年ぶりに国内シリーズに参戦する小林可夢偉、前年王者の中嶋一貴、ルマン24時間を3度制したアンドレ・ロッテラーなど、総勢20名の精鋭レーサーがエントリー、シーズンを通して見応えのある選手権レースとなることが予想される。

なおJAFでは、決勝レース当日に鈴鹿サーキット・モートピアにおいて、JAF会員を対象とした大規模なファミリーイベントの開催を検討している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ