【春闘15】マツダは1800円、軽大手2社は1600円…ベア回答

業界 レスポンス

自動車メーカーの2015年春季交渉は3月18日に回答が示され、各社が6000円を要求したベースアップ(ベア)についてはマツダが1800円、軽自動車大手のスズキ、ダイハツ工業はともに1600円となった。

14年の実績はマツダが1100円、スズキとダイハツが800円であり、いずれも昨年を上回った。また、年間一時金についてはマツダとダイハツで満額回答が示された。マツダは昨年実績(5.3か月分)を上回る5.5か月分、ダイハツは昨年と同じ5.5か月分だった。

スズキは組合が昨年実績の5.5か月分を上回る5.8か月分を要求していたが、5.6か月分での決着となった。この結果、乗用車メーカー8社の年間一時金については、スズキを除く7社で満額の回答が提示された。

  • 池原照雄
  • マツダ本社
  • ダイハツ ムーヴ カスタム  RS ハイパー《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ アルト ターボRS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ