フォードの環境エンジン、エコブースト搭載車…累計生産500万台達成

業界 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは3月17日、「エコブースト」エンジン搭載車の累計生産台数が500万台に到達した、と発表した。

エコブーストは、フォードモーターの新世代環境エンジンとして、2009年7月に市販車に初搭載。直噴技術やターボチャージャーなどを採用することで、排気量を縮小しながら十分なパワーを確保。優れた燃費性能も実現している。エコブーストは米国だけでなく、欧州などグローバルで展開している。

エコブーストエンジンを搭載した500万台目の新車は、フォード『フォーカス』。3月17日、米国ミシガン工場からラインオフした。エコブースト最小排気量の1.0リットル直列3気筒ターボユニットを積む。

エコブーストの第一号車登場から、およそ6年で累計500万台到達となった。フォードは現在、毎月20万基以上のエコブーストエンジンを生産中。米国では、『フュージョン』、『エスケープ』、『F-150』など、主力車種に搭載している。

現在、エコブーストは、排気量1.0、1.5、1.6、2.0、2.3、2.7、3.5リットルと、幅広くラインナップされている。

  • 森脇稔
  • フォード フィエスタの1.0エコブースト
  • フォード エクスプローラー の 2016年型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ