日産自動車、横浜工場の余剰蒸気をJ-オイルミルズ社に供給

業界 レスポンス

日産自動車は3月19日、同社横浜工場のコージェネレーションシステムの廃熱を回収してつくった蒸気を、J-オイルミルズ横浜工場に供給する契約を締結したと発表した。

業種が異なり、かつ敷地も異なる企業の工場間で、蒸気を融通することでコージェネの効率を向上し、省エネとCO2削減を実現する取組みは、東京ガス管内では初めてとなる。

日産自動車横浜工場は、東京ガス子会社のエネルギーアドバンスと2006年にエネルギーサービス契約を締結し、横浜工場3地区内にエネルギーアドバンスが設置したコージェネから、電力と蒸気の供給を受けている。今回、横浜工場3地区内にコージェネを追加設置するにあたり、発電に伴う廃熱を回収してつくった蒸気を使いきれず、コージェネの効率的な運用が望めないという課題があった。

今回、追加設置したコージェネの蒸気を熱需要の大きいJ-オイルミルズへ供給することで、コージェネの効率を最大化。同時に、分散型エネルギーシステムの面的利用による省エネとCO2削減を実現する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 熱の面的利用エネルギーフロー図
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ