【ジュネーブモーターショー15】ルノーの小型EV、ZOE が改良…航続距離を240kmに延長

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、小型EVの『ZOE』(ゾエ)の改良モデルを初公開した。

ルノー ZOEは2012年後半、フランスで発売。欧州Bセグメントに属するコンパクトな5ドアハッチバックEV。1回の充電で最大210kmを走行可能。急速チャージャーを使えば、80%のバッテリー容量を30分以内で充電できる。

今回、ジュネーブモーターショー15では、このZOEが発売から2年半を経て、初の本格改良を実施。EVパワートレインのアップデートが、ハイライトとなる。

改良モデルには、「R240」と呼ばれる新開発モーターを搭載。最大出力88ps、最大トルク22.4kgmを引き出す。小型化と、さらなる高効率を追求したモーターとなる。また、充電時間も短縮。

航続距離も延長。1回の充電で走行できる距離は、従来の210kmから30km伸ばし、240kmを実現。ルノーは、「クラス最長の航続距離」と説明している。

  • 森脇稔
  • ルノー ZOE の改良モデル
  • ルノー ZOE の改良モデル
  • ルノー ZOE の改良モデル
  • ルノー ZOE の改良モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ