【ジュネーブモーターショー15】ジープ ラングラー に特別モデル…テーマはブラック

新車 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)のジープブランドは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『ラングラー』の「ブラックエディション2」を初公開した。

同車は、「JK」型と呼ばれる現行ラングラーの特別モデル。現行のJK型は、ラングラーの3世代目モデルとして、2007年にデビュー。2ドアと4ドアの「アンリミテッド」の2種類が用意される。

ジュネーブモーターショー15で初公開されたラングラーのブラックエディション2では、フロントグリルや18インチアルミホイール、ヘッドライト周り、ドアミラーカバー、背面スペアタイヤカバーなどをブラック仕上げに。

室内は、ブラックのレザーシートを採用。モールディングや空調周りもブラックでコーディネート。「Uconnect」と呼ばれるナビゲーションを核としたインフォテインメントシステムも装備される。

エンジンは、2種類。ガソリンは3.6リットルV型6気筒「ペンタスター」で、最大出力284hp、最大トルク35.4kgm。ディーゼルは2.8リットルターボで、最大出力200hp、最大トルク46.9kgmを引き出す。

  • 森脇稔
  • ジープ ラングラー ブラックエディション2
  • ジープ ラングラー ブラックエディション2(ジュネーブモーターショー15)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ