【ジュネーブモーターショー15】ハンドメイドの超高級クーペ提案…トゥーリング・スーペルレッジェーラ

新車 レスポンス

老舗コーチビルダーの名前と精神を引き継ぎ、現在はさまざまなメーカーのデザイン開発業務を受託しているトゥーリング・スーペルレッジェーラ。ジュネーブではノスタルジックで優雅な『ベルリネッタ・ルッソ』をワールドプレミアした。

この古典的なスタイリングのFRクーペは、フェラーリ『F12ベルリネッタ』のローリングシャシーをベースにして、職人たちがハンドメイドで仕立てたボディやインテリアを持つ。

ややエッジを強調した現代的なスタイリングを持つF12のパッケージレイアウトは踏襲しながらも、エクステリアはふくよかで流麗な面構成に改められ、ぐっと落ち着いた印象になっている。これはかつてのイタリアン・フォリゼリエ黄金時代の車種から着想を得たものだとか。

同社はベルリネッタ・ルッソを指して「完璧なプロポーションを実現するために、多くの時間を費やしました。これがトゥーリング・スーペルレッジェーラのデザインなのです」と説明する。

「ある部分を隠してごまかしたり、過剰に飾り立てる必要はありません。もっと重要な活動にエネルギーを集中しています。それはボリュームとプロポーションの検証で、これは昔からのトゥーリングのデザイン・フィロソフィなのです」と語るのは、同社デザイン・ディレクターのルイ・ド・ファブリベッカーズ。

見た目はノスタルジックだが、その開発には最新のツールが駆使されている。シャシーとのマッチングはCADで検証され、振動や亀裂などが発生しないようスタイリングが決められた。ボディパネルはアルミ板を職人が手作業で叩いて作られているが、完成すると三次元測定がおこなわれ、大手自動車メーカーと同等の基準で厳しくチェックするとのことだ。

ボンネットや前後バンパー、ディフューザーなどにはCFRPを採用。またエアロダイナミクスも流体解析にかけて洗練され、ウイングなしでダウンフォースを発生させる空力特性を獲得している。

なおエンジンはじめ駆動メカニズム、前後ランプなどはF12をそのまま踏襲。ロードカーとしての資質は犠牲にはされていない。ちなみにこの古典的で美しい2シータークーペは、注文があれば製造するが顧客の要望に応じて仕様が異なるため、その価格は「オン・デマンド」とのことだ。

  • 古庄 速人
  • トゥーリング・スーペルレッジェーラ・ベルリネッタ・ルッソ《撮影 古庄速人》
  • トゥーリング・スーペルレッジェーラ・ベルリネッタ・ルッソ《撮影 古庄速人》
  • トゥーリング・スーペルレッジェーラ・ベルリネッタ・ルッソ《撮影 古庄速人》
  • トゥーリング・スーペルレッジェーラ・ベルリネッタ・ルッソ
  • トゥーリング・スーペルレッジェーラ・ベルリネッタ・ルッソ
  • トゥーリング・スーペルレッジェーラ・ベルリネッタ・ルッソ
  • トゥーリング・スーペルレッジェーラ・ベルリネッタ・ルッソ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ