豊田合成、赤崎教授からノーベル賞メダルのレプリカを受贈

業界 レスポンス

豊田合成は、ノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇教授(名城大学終身教授/名古屋大学特別教授)からノーベル賞メダルのレプリカを受贈した。

ノーベル賞メダルのレプリカは、受賞者がノーベル財団から3個のみ作成を許可される貴重なもの。赤崎教授の意向で、名古屋大学、名城大学および同社の3者にそれぞれ寄贈する。

3月20日に赤崎教授が豊田合成本社に来社、寄贈セレモニーを実施した。荒島正社長は「メダルに込められた先生からの期待の重みを受け止め、今後も青色LED開発のパイオニアの一員として、誇りと責任を持って事業に取り組んでいきます」と挨拶。赤崎教授は「ノーベル賞受賞は豊田合成の貢献なしには成し得なかった。これまでの貢献に感謝したい」と述べた。

レプリカは今後、本社1階エントランスホールに新たに設置した展示コーナーで保管・展示する。

なお、天野浩教授(名古屋大学大学院教授)も3月31日に来社し、同様にレプリカを受贈する予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 赤崎教授(前列中央)と豊田合成役員・従業員による集合写真
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ