【バンコクモーターショー15】フォードの小型ピックアップ、レンジャー に改良新型…表情一新

新車 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは3月23日、タイで開幕したバンコクモーターショー15において、フォード『レンジャー』の改良新型モデルを初公開した。

レンジャーは、フォードの主力小型ピックアップトラック。現行レンジャーは、タイ工場など世界3拠点で生産。欧州をはじめ、世界100以上の市場で販売されるグローバルモデル。

バンコクモーターショー15では、現行レンジャーが初の大幅改良を実施。外観はフロントを中心に手を加え、表情を一新。2014年秋、中国で発表されたSUV、新型フォード『エベレスト』と共通イメージの最新フォード顔に生まれ変わった。

インテリアは、質感や機能性を向上。車載コネクティビティでは、最新の「SYNC2」を設定した。レーンキーピングエイドやアダプティブクルーズコントロールなど、安全装備も充実する。

エンジンは3種類。ガソリンが2.5リットル。ディーゼルは2.2リットルと3.2リットル。とくにディーゼルの2.2リットルは、従来比で燃費を最大22%引き上げている。

  • 森脇稔
  • フォード レンジャー 改良新型
  • フォード レンジャー 改良新型
  • フォード レンジャー 改良新型
  • フォード レンジャー 改良新型
  • フォード レンジャー 改良新型
  • フォード レンジャー 改良新型(バンコクモーターショー15)《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ