シボレー カマロ 次期型、構造部品の7割を一新へ

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが5月、米国ミシガン州デトロイトで初公開する次期『カマロ』。同車に関して、一部情報が開示された。

これは3月19日、シボレーが明らかにしたもの。次期型となる6世代目カマロについて、「全体の70%の構造部品を一新する」と発表している。

新型カマロには、GMの「アルファ」と呼ばれるアーキテクチャを導入。このアルファは、欧州のプレミアムブランドに対抗するために開発された。シボレーによると、ドライビングダイナミクスと洗練さを実現しつつ、世界基準のパフォーマンスカーに求められる強靭さを備えているという。

また、内外装をはじめ、前後サスペンション、パワートレイン部品などを一新。現行の5世代目カマロから引き継がれるのは、テールランプパネルのシボレーのエンブレムとSSバッジの2点のみとなる。

GMのマーク・ルース上級副社長は、「開発チームのカマロに対する情熱はとても強い。全ての部分で、6代目カマロを最高のカマロにした」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ