クライスラー、ミニバンなど約70万台をリコール…点火スイッチに不具合

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)。同社が米国において、ミニバンなど約70万台をリコール(回収・無償修理)する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。FCA USから、クライスラー『タウン&カントリー』など、3車種のリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、イグニッション(点火)スイッチの不具合によるもの。NHTSAによると、走行中にキーが回り、エンジンが停止する恐れがあるという。この状態では、エアバッグが作動しないため、危険が増す。

リコールの対象になるのは、2008-2010年モデルのクライスラー タウン&カントリー、2009-2010年モデルのダッジ『グランドキャラバン』、『ジャーニー』の3車種。米国で販売された70万2578台がリコールに該当する。

NHTSAでは、対象車を保有する顧客に対して、リコール作業を受けるまで、キーからキーホルダーなどを外すよう、呼びかけている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ