オペル、スペインで1400名以上を雇用…若者の失業率改善へ

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは3月19日、スペインで1400名以上を雇用すると発表した。

今回の雇用は、2018年までの向こう4年間に行われるもの。スペイン工場の現在の従業員の25%以上を入れ替えることで、人材の若返りを図り、スペイン国内の若者の失業率の改善に貢献する。

スペイン工場はオペルにとって、欧州で最大の生産能力を持つ。従業員の数も、欧州で最も多い工場のひとつ。1982年の稼働以来、累計生産台数は1190万台以上。生産台数のおよそ90%が、欧州各国を中心に輸出されている。

オペルは2018年までに、27の新型車と17機種の新エンジンを市場に投入する計画。この計画において、スペイン工場が果たす役割は大きい。

GMスペインのゼネラルディレクター、アントニオJ・コボ氏は、「この政策が人材を発掘し、若者の雇用機会の創出につながるだろう」と話している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ