マグナ、メキシコ新工場の建設開始…外装部品を生産へ

業界 レスポンス

カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナル(以下、マグナ)は3月18日、メキシコにおいて、新工場の建設を開始した。

今回、マグナが建設するメキシコ新工場は、メキシコのケレタロ州に位置。自動車用の外装部品を組み立てる最新工場となる。

マグナは新工場の建設に、およそ1億3500万ドル(約162億円)を投資。面積は、2万6400スクエアフィート。稼働当初の1年で、およそ600名の雇用創出を見込む。

操業開始は、2016年第1四半期(1-3月)を予定。世界の自動車メーカーに向けて、外装部品の生産を行う。

マグナ・エクステリアのグラハム・ブロウ社長は、「メキシコでの成長のおかげで、マグナは世界の顧客の要望を満たすことができる」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ