【SBK 第2戦】カワサキ ジョナサン・レイ、完全勝利で総合首位へ浮上

モータースポーツ レスポンス

スーパーバイク世界選手権(SBK)第2戦タイ大会が、3月20日から22日までの3日間、昨年完成したばかりのチャーン・インターナショナル・サーキットで開催された。

チャーン・インターナショナル・サーキットは1周4.554kmで、5つの左コーナー、7つの右コーナーを持つテクニカルレイアウト。コース前半は2本のロングストレートが続くハイスピード区間、中盤は中速コーナーが連続し、終盤はロングストレートとタイトなコーナーのコンビネーションとなっている。

開幕戦オーストラリア大会で優勝&2位と、好スタートを切ったジョナサン・レイ(カワサキ)は、2戦連続ポールポジションを獲得。第1レース、第2レースともに好スタートからホールショットを奪うと、オープニングラップから後続をグイグイ引き離す快走をみせる。第1レースは2周目にファステストラップとなる1分33秒969をマークして後続を引き離し、それからも1分34秒台の好ラップを連続で刻んで勝負を決めた。第2レースはさらにペースを上げることに成功、2周目に1分33秒817のファステストラップをマーク、3周目に1分33秒935をマークしてライバルを圧倒し、完全勝利を収めた。

2009年のSBKフル参戦以降、完全勝利を2回達成しているレイは、カワサキに移籍後2戦目にして早くも自身3回目の完全勝利を成し遂げた。これで2戦4レースを終えて優勝3回、2位1回、総合首位に浮上した。

■レース1

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

2位:レオン・ハスラム(アプリリア)

3位:トム・サイクス(カワサキ)

4位:ジョルディ.トーレス(アプリリア)

5位:シルバン・ギュントーリ(ホンダ)

6位:マッテオ・バイオッコ(ドゥカティ)

■レース2

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

2位:レオン・ハスラム(アプリリア)

3位:アレックス・ローズ(スズキ)

4位:ジョルディ.トーレス(アプリリア)

5位:トム・サイクス(カワサキ)

6位:シルバン・ギュントーリ(ホンダ)

■ポイントスタンディング

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)95P

2位:レオン・ハスラム(アプリリア)85P

3位:トム・サイクス(カワサキ)50P

4位:シルバン・ギュントーリ(ホンダ)41P5位:ジョルディ.トーレス(アプリリア)39P

6位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)38P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
  • ジョナサン・レイ(カワサキ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ