三菱、インドネシアに初の直営新工場 … 将来はASEAN戦略小型MPVの生産拠点へ

業界 レスポンス

三菱自動車は3月24日、インドネシア国内における新工場の起工式を行った。

これまで三菱自動車は、インドネシアでの現地生産を三菱ふそう、三菱商事、三菱商事の現地パートナー会社であるP.T. Krama Yudha(KY)の合弁会社であるKRM社(Krama Yudha Ratu Motors)に生産委託してきたが、新工場は三菱自動車(51%)、三菱商事(40%)、P.T. Krama Yudha(9%)が出資する共同会社(MMKI)が運営する同社インドネシア初の直営生産工場となる。

新工場の場所はインドネシア大手財閥のシナルマスグループと双日が開発・運営する、ジャカルタ東部ブカシ県の工業団地GIIC(Greenland

International Industrial Center)内。敷地面積は約30ha、総投資額は

約600億円。ちなみに、GIICにはスズキが同社海外最大の生産工場を構えており、既に生産を開始している。

新工場では、既にインドネシアで生産中の2.5リットル軽商用車『コルト L300』と、現在タイで生産している『パジェロ スポーツ』を扱う。また、2017年には現在開発中のASEAN戦略車である小型MPVを生産開始予定。年間生産台数は工場操業開始時には16万台を想定しているが、将来は24万台まで引き上げる。

起工式では、P.T. Krama YudhaのEka Rasja Putra Said CEOや、三菱自動車の益子修会長、三菱商事の森山 透アジア・大洋州統括執行役員、ヤシン インドネシア工業大臣などがスピーチを行った。

インドネシアの2014年(1〜12月)の自動車総販売台数は120万8040台であり、過去最高台数を達成した前年の122万9770台から1.8%(2万1730台)減少した。そのうち、三菱自動車の販売台数は14万1976台。前年2013年の15万7353台対比9.8%の減少であった。昨年は小型MPV『モビリオ』の導入でホンダが大幅に台数を伸ばし、同国内シェアは前年比1.0ポイント下落の11.8%(第5位)となっている。

  • 三浦真
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
  • 三菱自動車 インドネシア新工場 起工式《撮影 三浦真》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ