BMW の新世代後輪駆動プラットフォーム…間もなく新型車に採用へ

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMW。同社が、新世代の後輪駆動プラットフォーム(車台)を、間もなく市販車に採用することが分かった。

これは3月18日、BMWグループがドイツ・ミュンヘンで開催した2014年の決算発表の場で明らかにしたもの。

決算発表会に登壇したBMWグループのフリードリッヒ・アイヒナー財務担当取締役は、「新開発の後輪駆動アーキテクチャが、量産への準備段階にある」と公表している。

BMWは後輪駆動を重視している自動車メーカー。BMWブランドでは、新登場のMPV、『2シリーズ・アクティブツアラー』と『2シリーズ・グランツアラー』を除いて、後輪駆動を基本にしてきた。

新開発の後輪駆動アーキテクチャは、今後のBMWにとって、重要な車台となる。BMWグループのフリードリッヒ・アイヒナー取締役は、「新開発の後輪駆動アーキテクチャが、将来の新型車に採用されることになるだろう」とコメント。なお、最初に搭載される車種は、次期『7シリーズ』が有力。

  • 森脇稔
  • 現行BMW 7シリーズ(参考画像)
  • 現行BMW 7シリーズ(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ