フェラーリ・ジャパン、イベント通じて魅力アピール… 488 GTB 導入も予定

業界 レスポンス

フェラーリの正規ディーラー、コーンズ・モータースが名古屋市千種にフェラーリのショールーム、“コーンズ名古屋”をリニューアルオープン。フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のリノ・デパオリ氏も駆けつけ、フェラーリビジネスについて語った。

セールス面では、「日本は第3位(トップはアメリカ)の販売台数を誇り、特に東京、大阪、そして名古屋は非常に重要な地域だ」とする。

しかし、「より多くの販売台数にはこだわっていはない」とデパリオ氏。それよりも、「ユーザーの信頼を獲得するためにはどういったサービスを提供すべきかにこだわっている。フェラーリのユーザーはとても良いサービスに慣れているので、そういった面をより向上させたい」と述べた。

また、デパリオ氏は、フェラーリ・ジャパンの今後の活動について、「中古車の販売価格が新車と余り変わらないことがフェラーリの特別な強みだと考えられることから、これまで以上に中古車にも力を入れていきたい」と話す。

その他にも、サービス面ではテーラーメイドプログラムの認知度向上や、フェラーリファイナンシャルサービスによって、「フェラーリの夢を一歩近づけることも重要だ」という。

また、日本のユーザーに向けてどういったサービスを行うとより満足度が向上するかを検討しているとし、具体的には、「4月にフェラーリレーシングデイズが開催され、今回はF1や『FXX』、チャレンジチームも来日するので、大変にぎやかなイベントになるだろう。その後は『488 GTB』の導入も予定している」と今年もイベント等を通じてフェラーリの魅力をアピールすることを語った。

  • 内田俊一
  • コーンズ名古屋《コーンズ・モータース提供》
  • コーンズ名古屋《撮影 内田俊一》
  • コーンズ名古屋《撮影 内田俊一》
  • コーンズ名古屋《撮影 内田俊一》
  • コーンズ名古屋《撮影 内田俊一》
  • コーンズ名古屋《撮影 内田俊一》
  • コーンズ名古屋《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ