初の地図型ナビ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が電気技術顕彰を受賞

テクノロジー レスポンス

ホンダは3月25日、同社が1981年に商品化した地図型自動車用ナビゲーションシステム「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が、第8回電気技術顕彰「でんきの礎」を受賞したと発表した。

電気技術顕彰「でんきの礎」は、電気学会が、「社会生活に大きく貢献した電気技術」の功績を称え、技術史的価値、社会的価値、あるいは学術的・教育的価値のいずれかを有する約25年以上経過した電気技術の業績を顕彰するもの。

ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータは、1981年に発売された世界初の地図型ナビゲーションシステム。クルマの移動方向を検知する「ガスレートジャイロ」を実用化した方向センサーを、世界で初めて一般自動車に採用し、走行距離センサーなどとの組み合わせにより、移動方向と移動量を検出して現在位置を計算。透過型の地図シートがセットされたブラウン管に現在位置と自車の方位、走行軌跡を表示することで、ドライバーが進むべき経路の選択を容易にできるようにした。

今回の受賞では、デジタル地図やGPSがない時代に、地図上に自車の現在位置を表示し、ナビゲーションを行うことを世界で初めて商品化されたものであり、現在のカーナビの原形となっていること。また、ここで用いられた技術が広く活用され、現在問題となっている環境・資源問題や予防・安全領域にも大きな貢献を果たし、社会的にも大きなインパクトを与えていることが高く評価された。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ