【マツダ CX-3 発売】約1か月で受注1万台を突破…月販目標の3倍超

新車 レスポンス

マツダは、新型『CX-3』の累計受注台数が、発売後約1か月となる3月23日時点で、月販目標の3倍を超える1万0076台になったと発表した。

グレード別の受注構成比は、「XDツーリング Lパッケージ」が21%、「XDツーリング」が63%、「XD」が16%。ボディカラー別では、「ソウルレッドプレミアムメタリック」が19%、「セラミックメタリック」が44%となっている。

またディーゼルノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」がセットとなるメーカーセットオプション「イノベーションパッケージ」は、13%のユーザーが選択している。

顧客層は20代から50代以上まで男女幅広く、買い物やアウトドア、旅行など様々なシーンで利用しているという。購入客からは「デザインが秀逸で一目ぼれした」「操る楽しさ、運転の楽しさを感じることができ、長く付き合っていける」などの声が寄せられている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ CX-3 XD Touring L Package《撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-3 XD Touring L Package《撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-3 XD Touring L Package《撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-3 XD Touring L Package《撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-3 XD Touring L Package《撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-3 XD Touring L Package《撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ