GSユアサ インド拠点で初の二輪車用バッテリーを生産開始

モーターサイクル レスポンス

GSユアサは3月26日、インド拠点で初の二輪車用鉛バッテリーを4月より生産開始すると発表した。

GSユアサのインドの関連会社で自動車用鉛バッテリーを生産・販売するタタオートコンプジーワイバッテリー社(TGY社)は現在、マハラシュトラ州ランジャンガオンの工場敷地内に二輪車用鉛バッテリーの組み立てラインを敷設中。組み立てラインは、昨年末までに既存建屋内に据付け完了し、現在量産試作を行っており、2015年3月完成、4月からの量産開始を目指している。当初生産能力は年間120万個を計画、投資金額は約2億円となる。

インドの二輪車販売台数は2009年の870万台と比較して、2014年には1600万台と2倍近くに拡大。今後も大きな人口を背景に二輪車の市場は拡大し、新車用および補修用鉛バッテリーの需要もさらに増えていくと予想される。

TGY社では、2016年中にも第2組み立てラインを増設、倍の240万個の生産体制を整え、インドの旺盛な需要に応えるため、今後も増産を計画していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ