ホンダ、インドで二輪車、四輪車工場の生産能力を拡大

業界 レスポンス

ホンダのインドにおける二輪車生産・販売現地法人のホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)と、四輪車生産・販売現地法人のホンダカーズインディア(HCIL)は、稼働中のHMSIの第3工場とHCILの第2工場の年間生産能力拡大を決定した。

HMSIの第3工場は、2013年6月に稼働開始した年間生産能力180万台の工場。今回、2016年中の生産能力拡大を目指し、約58億5000万ルピー(約111億円)を投資。既存工場敷地内に1ライン増設し、生産能力を60万台増強、年間生産能力240万台の工場となる予定だ。

2014年のインドの二輪全体市場が前年比約110%の約1600万台へと成長する中、ホンダの販売は約420万台と、前年比約130%の成長を遂げた。今回の第3工場の能力拡大と、2016年上期に稼働予定の第4工場の生産開始によって、HMSIの年間生産能力は640万台に拡大。HMSIはホンダにおける世界最大の二輪完成車組立工場となる。

また、HCILの第2工場は、2014年2月に稼働開始した年間生産能力12万台の工場。今回、2016年中の稼働開始を目指し、約38億ルピー(約72億円)を投資。既存工場の組み立てライン工程延長や搬送設備の追加などによって生産能力を6万台増強し、年間生産能力18万台の工場となる予定。

2014年のインドの四輪乗用車市場は前年比約103%の約255万台、商用車と合わせた全体市場では世界第6位の規模へと成長。ホンダは新型車の投入などで、年間販売台数は前年比167%の約18万台を記録。今回の第2工場の能力拡大により、HCILの年間生産能力は12万台の第1工場と合わせて30万台。今後も小型乗用車市場を中心に拡大が見込まれるインド四輪車市場への対応に備える。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダカーズインディア(Webサイト)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ