【ニューヨークモーターショー15】ビュイック の最上級クロスオーバー、アンクレイブに「タスカン」…装備充実

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、ビュイックは3月26日、『アンクレイブ』の「タスカンエディション」の概要を明らかにした。実車は4月、米国で開催されるニューヨークモーターショー15で初公開される。

アンクレイブは2006年1月、ビュイックブランドの最上級クロスオーバーとして、デトロイトモーターショー06でデビュー。大型サイズのボディに、3列シートのゆとりある室内空間を備える。

2012年春、ニューヨークモーターショー12では、大幅改良車を発表。フロントはグリルやバンパー、ボンネット、ヘッドランプのデザインが見直され、表情を一新。アルミホイールやリアバンパー、テールランプのデザインも新しい。

ニューヨークモーターショー15で初公開されるタスカンエディションは、アンクレイブの特別モデル。既存の「レザー」および「プレミアム」グレードをベースに、4G LTE対応のオンスター、シートヒーター、ヒーター付きウッドステアリング、前席8ウェイパワーシート、HIDヘッドライト、パワーテールゲート、カメラ付き駐車アシストなどの装備を盛り込む。

エンジンは、直噴3.6リットルV型6気筒ガソリン。タスカンエディションは今夏、米国で発売される。

  • 森脇稔
  • ビュイック アンクレイブ タスカンエディション
  • ビュイック アンクレイブ タスカンエディション
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ