【鈴鹿8耐】3連覇狙う MuSASHi RT HARC-PRO 本田監督、「ストーナーは最も強力な助っ人」

モータースポーツ レスポンス

東京ビッグサイトで27日に行なわれた2015年「鈴鹿8時間耐久ロードレース」概要発表会で、元MotoGP王者の加入したMuSASHi RT HARC-PROの本田重樹監督とエースライダーの高橋巧が登場。7月の本番に向けて意気込みを語った。

まず、本田監督がストーナー起用の経緯について説明。「今年も当然3連覇を狙うにあたり、当初は同一メンバーでいこうと考えていましたが、レオン・ハスラムが移籍することになってしまいました。ただ高橋巧とマイケル・ファン・デル・マークの3連覇がかかっておりますので、それ実現できる強力な助っ人ということでケーシー・ストーナーと契約することになりました」。

「実力的には申し分ない。彼は現役は退いているけど、ホンダのテストライダーとしてRC213Vの開発にも携わっています。だから速さはもちろんのことアスリートとしてコンディションも維持しているので、8耐でもきっちり走れるだろうと思います」とコメント。すでに第一線で活躍していたMotoGPからは引退しているが、HRCテストライダーとして『RC213V』の開発に携わっている仕事ぶりや、その姿勢を本田監督は高く評価している様子だった。

そして3連覇に向けての挑戦となる今年の8耐については「常に着実な走りを目指してきましたが、ここ2年は巧とファン・デル・マークの活躍で優勝することができました。これにケーシーが入ることによって今までのMuSASHi RT HARC-PROのイメージとは違ったレーススタイルをお見せ出来るのではないかと思います。今年も手強いライバルがたくさんいますが、ディフェンディングチャンピオンとしてふさわしいレースをしたいと思っています」と力強く語った。

またチームのエースライダーとして、昨年一昨年ともに8耐優勝に大きく貢献した高橋は「とても楽しみです。テストで一緒に走る機会はあったけど、スーパーバイクは自分の方が経験もあるし、それを活かして少しでも彼の役に立ちたいと思っています。何より自分のためにも8耐はしっかり力を入れていきたい。今年もこのような良い体制で走らせてもらえるので、3連覇を目指して頑張ります」とコメント。ストーナー加入により新体制とはなるものの、3連覇達成にむけて不安材料は全くない様子だった。

今年はライバルメーカーもワークス体制で挑んでくるなど強敵が増えている2015年の8耐。ストーナーを擁して3連覇の偉業を成し遂げることが出来るか。注目が集まる。

  • 吉田 知弘
  • 本田重樹監督《撮影 吉田知弘》
  • 高橋巧《撮影 吉田知弘》
  • No.634 MuSASHi RT HARC-PRO(鈴鹿8耐2014)《撮影 益田和久》
  • No.634 MuSASHi RT HARC-PRO(鈴鹿8耐2014)《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ