【東京モーターサイクルショー15】スズキ GSX-S1000 / F 、SSの心臓を積んだ新型スポーツ

モーターサイクル レスポンス

スズキは、3月27日に東京ビックサイトで開幕した「東京モーターサイクルショー2015」に、輸出専用のストリートファイターモデル『GSX-S1000』及び兄弟車のフルカウルモデル『GSX-1000F』を出展した。

両車は2014年10月にドイツ・ケルンで行われた「インターモト2014」で初公開。日本では先日開催された「大阪モーターサイクルショー2015」に続き、東京プレミアを迎えた。

両車には、スーパースポーツ(SS)モデル『GSX-R1000』の直列4気筒エンジンが、ストリート用にリファインされ搭載されている。またスズキのバイクとしては初の「3モードトラクションコントロール」(介入3段階+OFF)を備えた。エンジンはGSX-R1000譲りだが、車体は新設計となっている。

開発を担当した佐々木達也氏は「これまでは『GSR750』が4気筒のストリートスポーツモデルの頂点だったが、その上に位置するモデルとなる。GSR750からのステップアップとしても最適だ。SSのGSX-R1000は、パフォーマンスを発揮するシチュエーションが限られるが、GSX-S1000/Fは、そのシチュエーションの幅が広い」と説明する。

一方、スズキにはリッターバイクとして、1254ccの直列4気筒エンジンを搭載したスポーツモデル『バンディット1250F/S ABS』が存在するが、同車は言うなれば“落ち着いた大人”のスポーツモデル。

GSX-S1000/Fはバンディットとは違い、より“アグレッシブ”な正確が与えられている。佐々木氏はGSX-S1000/Fについて「4気筒エンジンの良いところを、公道でより感じられるモデルだ」と語った。

  • 阿部哲也
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000F(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
  • スズキ GSX-S1000(東京モーターサイクルショー15)《撮影 阿部哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ