【BMW 2シリーズ カブリオレ 発表】4シーターオープンならではの居住性とインテリア

新車 レスポンス

BMW『2シリーズカブリオレ』のインテリアは、スポーティかつエレガントなエクステリアデザインに相応しい仕上がりになっているという。

BMWグループジャパン BMWマーケティングディビジョンの清水恵子さんは、「複数のラインやサーフェスを重ねて空間を分割するレイアリングという手法により、空間の広がりを強調するとともに、ダイナミックでスタイリッシュな雰囲気を演出している」と説明する。

また、BMWに共通するレイアウトとして、センターコンソールがドライバーに向けて、僅かに角度が付けられ、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバーオリエンテッドな作りとなっている。更に、ステアリングホイールにはマルチファンクションボタンが装備され、ドライバーはステアリングホイールから手を放すことなく、コミュニケーション機能やエンターテイメント機能を操作することが可能だ。

「室内はコンパクトなオープンモデルとしては、驚くほど高い居住性と機能性を持ち合わせている」と清水さん。例えば、コンフォートエントリー機能により、シートに付けられたボタン操作によって、フロントシートが前方にスライド。後席への乗り降りをサポートする。更に後席にアクセスするための足元も従来の『1シリーズカブリオレ』と比較し、11mm拡大し、乗降性が増した。そのリアシートについては、「優れた居住性を確保し、4シーターオープンモデルとしての高い実用性も備えている」(清水さん)。

そして、「レザーシートにはシート表面の温度上昇を防ぐサンリフレクティブテクノロジーが採用され、日差しの強い天候においても快適なオープンエアドライビングを満喫することが出来る」と快適性も優れていることを強調した。

  • 内田俊一
  • BMW 2シリーズ カブリオレ《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ カブリオレ《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ カブリオレ《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ カブリオレ《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ カブリオレ《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ カブリオレ《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ カブリオレ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ