【INDYCAR 第1戦】佐藤琢磨がホンダ勢トップの予選5位…上位はシボレー勢が独占

モータースポーツ レスポンス

現地28日、今季の「Verizon インディカー・シリーズ」が開幕戦の予選日を迎えた。シボレーエンジン勢が予選上位を独占するなか、佐藤琢磨はホンダ勢首位の予選5位に食い込んでいる。

セントピーターズバーグ(市街地&空港特設コース)で開催される開幕戦、上位6人で競う予選最終の「Firestone Fast Six」にホンダエンジン勢で唯一進出したのが佐藤琢磨(#14 A.J.Foyt Racing)だった。そしてシボレー勢優位と見られる戦況のなか、今年最初の予選で5位を獲得する。

佐藤琢磨のコメント

「自分たちができることをすべてやった予選でしたが、今年はフロントローにグリッドを確保できませんでした(昨年の当地開幕戦はポールポジション)。でも、自分たちの予選でのパフォーマンスには満足しています。近年このコースではチーム・ペンスキーがとても手強い存在ですからね。ホンダ、HPD(Honda Performance Depelopment)、そしてチームの素晴らしい働きにより、レースに向けていいポジションを手にできました」。

琢磨の言う通り、シボレー勢のなかでもチーム・ペンスキー(Team Penske)が特に強さを発揮しており、琢磨より前の予選上位は下記のような結果になっている。

1位 ウィル・パワー(#1 Team Penske/シボレー)

2位 シモン・パジェノー(#22 Team Penske/シボレー)

3位 エリオ・カストロネベス(#3 Team Penske/シボレー)

4位 ファン・パブロ・モントーヤ(#2 Team Penske/シボレー)

24台が参加し、ホンダとシボレーが各12台という布陣。トップ10で見てもシボレー勢が8台をそこに入れてきており、ホンダ勢で琢磨の次位は8位のライアン・ハンターレイ(#28 Andretti Autosport)となっている。

決勝は現地29日。琢磨には、予選1〜4位占拠のペンスキー勢に切り込んでいく戦いを期待したいところだ。

  • 遠藤俊幸
  • ポール獲得の#1 パワー。《画像 INDYCAR》
  • 昨年の王者パワーが開幕ポールをゲットした。《画像 INDYCAR》
  • ペンスキー移籍初戦、予選2位を獲得したパジェノー。《画像 INDYCAR》
  • #3 カストロネベスは予選3位。《画像 INDYCAR》
  • #2 モントーヤは予選4位。《画像 INDYCAR》
  • ホンダ勢では琢磨に次ぐ予選8位となった#28 ハンターレイ。《画像 Honda》
  • 琢磨は今季も#14で走る。《画像 Honda》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ