GMの米テキサス工場、累計生産1000万台…フルサイズSUVの生産拠点

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは3月25日、米国テキサス州のアーリントン工場の累計生産台数が1000万台に到達した、と発表した。

アーリントン工場は、シボレーブランドのフルサイズSUV、『サバーバン』の生産拠点。初代サバーバンは1935年に発表。現行の新型サバーバンは12世代目。2015年は、サバーバンは誕生80周年を迎える。

新型の特徴が、「エコテック3」と呼ばれる直噴5.3リットルV型8気筒ガソリンエンジンの搭載。低負荷走行時に、一部シリンダーを止める気筒休止システムを採用。シボレーによると、V8エンジン搭載のセグメント車の中で、最高燃費という。

この他、新型は、機能性も向上。2列目シートの足元の空間は、先代比でおよそ50mm広がった。2列目と3列目シートは、簡単な操作で格納でき、荷物スペースを拡大。パワーホールド機能も用意されている。

シボレーブランドでトラックのマーケティングを担当するSandor Piszar氏は、「時が経過し、アメリカが想像以上の発展を遂げても、サバーバンはトラックの性能と広い室内を求める顧客のためにあり続ける」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ