三菱自動車、被災地支援に ミニキャブ-MiEVトラックなどを無償貸与

業界 レスポンス

三菱自動車は3月27日、東日本大震災の被災地支援を目的として「いのちを守る森の防潮堤」を築く活動を行っている「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」に賛同し、電気自動車(EV)『ミニキャブ-MiEVトラック』を5台無償貸与すると発表した。

貸与期間は3月29日から7月6日までの約3か月間とし、EVの駆動用バッテリーに蓄えられた電力を取り出し給電できる「MiEVパワーボックス」1個も併せて貸与する。これらは、宮城県岩沼市と福島県南相馬市、相馬市にて、約1万1000人のボランティアと地元住民により4回実施される植樹祭や日々の植樹活動において、苗木や給水タンクの運搬などに活用される。

三菱自動車は、2014年にも同プロジェクトにミニキャブ-MiEVトラックを5台無償貸与し、同車両は約7700人のボランティアが参加した植樹祭において多くの苗木や植樹道具の運搬に活用された。参加者からは、EVの力強い走りで効率的に運べたこと、給油の手間が必要なく経済的であること、植樹エリアにおいて環境負荷の少ないEVを使用し、排気ガスの匂いがないことなどが好評だった。また、宮城県岩沼市の沿岸部で行なわれた植樹活動では、同社の社員36名がボランティアとして参加した。

三菱自動車は、東日本大震災発生後より、義捐金や『i-MiEV』の被災地への貸与、被災地高校生の積極的な採用、官民連携の被災地支援コンソーシアム「プロジェクト結(ゆい)」における子どもたちの支援など、被災地復興への支援を継続してきた。今後も様々な活動を通して、被災地の復興を支援してく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ミニキャブ-MiEVトラックとスタッフ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ