【トヨタ カローラ 改良新型 発表】安全運転支援機能 セーフティ センス C を採用

新車 レスポンス

トヨタ自動車は、『カローラフィールダー』と『カローラアクシオ』をマイナーチェンジし、4月1日に発売する。

今回の一部改良では、安全運転支援機能「トヨタ セーフティ センス C」をトヨタ車として初採用した。トヨタ セーフティ センス Cは、レーザーレーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立。衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)やレーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)など、多面的な安全運転支援を実現する。

エクステリアでは、カローラフィールダーはロアグリルに大型化した台形形状とワイド感を付与する横バーを採用し、「アンダープライオリティ」を表現。アッパーグリルからヘッドランプへ連続したメッキ加飾により、ワイド感と精悍さを表現した。カローラアクシオは、ロアグリルを拡大したフロントバンパーと、アッパーグリルからヘッドランプへ連続したメッキ加飾により、左右への広がりを強調し、モダンな外観とした。

ボディカラーは、カローラフィールダーに鮮やかなオレンジメタリックと、W×Bの専用色として、クールボルドーガラスフレーク(OP設定)、カローラアクシオに深みのあるヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(OP設定)を新設定した。

インテリアでは、ステアリングホイールとシフトノブの本革巻きに高触感なスムースシボを採用。サイドのエアコン吹き出し口の形状を変更し、操作性と質感を向上させたほか、フロントカップホルダーにLEDスポットランプを新設定した。

環境面では、高熱効率・低燃費エンジンの1.5リットル新開発エンジン(2NR-FKE)を採用(2WD・CVT車)。JC08モード走行燃費23.4km/リットル(カローラフィールダーは23.0km/リットル)の低燃費を実現。ハイブリッド車に採用しているアトキンソンサイクルのほか、VVT-iEなどを採用し、燃費と動力性能を高い次元で融合させた。さらに、アイドリングストップ機能を標準装備。平成32年度燃費基準を達成するとともに、平成17年基準排出ガス75%低減レベルの認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象となる。

価格はカローラフィールダーが161万1163円から247万4182円、カローラアクシオが146万4873円から220万7127円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ カローラ アクシオ《撮影 阿部哲也》
  • トヨタ カローラーフィールダー ハイブリッドG W×B
  • トヨタ カローラーアクシオ ハイブリッドG
  • トヨタ カローラーアクシオ ハイブリッドG
  • トヨタ カローラーアクシオ ハイブリッドG
  • トヨタ カローラーフィールダー ハイブリッドG エアロツアラー
  • トヨタ カローラーフィールダー ハイブリッドG
  • トヨタ カローラーフィールダー 1.8S
  • トヨタ カローラーフィールダー ハイブリッドG W×B
  • トヨタ カローラーアクシオ ハイブリッド
  • トヨタ カローラーフィールダー ハイブリッドG W×B
  • トヨタ セーフティ センス C
  • トヨタ カローラーフィールダー ハイブリッドG W×B
  • トヨタ カローラーフィールダー 1.5G
  • トヨタ カローラーアクシオ ハイブリッドG
  • トヨタ カローラーアクシオ ハイブリッドG
  • トヨタ カローラーフィールダー 前後2分割デッキボード
  • トヨタ カローラーフィールダー デッキアンダートレイ
  • トヨタ カローラーフィールダー ハイブリッドG W×B
  • トヨタ カローラーアクシオ 1.5L 2NR-FKE VVT-iE エンジン
  • トヨタ カローラーフィールダー ワンタッチ格納リヤシート
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ