【ホンダ S660 発表】シャーシ担当「日本で遊ぶのに最適なスポーツカーを造りたかった」

新車 レスポンス

ホンダが3月30日に発表した軽オープンカー『S660』のシャーシ研究を担当した本田技術研究所の岡義友研究員は「日本で遊ぶのに最適なスポーツカーを造りたいというコンセプトで、小さくてすごく軽快なスポーツカーを造った」と語る。

岡氏は「日本で走らせる最適なスポーツカーとは何かと考えた時に、やはりコンパクトで力はそれほどなくても、持てる力を全部出し切って、狭い道をグイグイ走っていく、そんなスポーツカーの方が楽しいのではないかということになった。だから我々は軽をすごく造りたかったわけではなくて、小さくてグイグイ曲がる車を造ろうとした結果、軽枠に納まった」と振り返る。

その一方で「(軽枠の)64馬力でスポーツカーを造るとなると、やはりスペックでは何もスポーツ性を語れない。だから乗って楽しい、グッとくる何か、“ドキューン”ポイントがすごく必要ということで感性に訴える気持ち良さにも、すごくこだわって造っている」とも明かす。

具体的には「とにかく安定してどこまででも曲がれるようにしようと考えた。ビギナーからエキスパートまで幅広いお客様に、とにかく遊び倒して欲しい。その時にエキスパートの方につまらないよといわれたくなかった。だからどこまででもスタビリティが高く、いつまででも曲がっていけるように造り上げていったら、すごい旋回Gがでるようになった」という。

また「音にもこだわった」とした上で、「法規で音圧には制限があるがので、音色を整えるしかなかった。限られた音の大きさで、気持ちの良い音をいかに出すかということにすごく工夫をした。高周波のざらついた音をとにかくカットして、低周波の太い音を強めに出すことで法規を守りながら気持ち良い音を出す工夫をした」とも話していた。

  • 小松哲也
  • ホンダ S660《提供 ホンダ》
  • 本田技術研究所 岡義友 研究員《撮影 小松哲也》
  • ホンダS660 ヨー慣性倍率《提供 ホンダ》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《提供 ホンダ》
  • ホンダ S660《画像 ホンダ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ