【トヨタ カローラ 改良新型 発表】新安全技術のオプションは5万4000円の普及価格に

新車 レスポンス

トヨタ自動車は3月30日、大幅に改良した『カローラ』シリーズを4月1日に発売すると発表した。内外装を刷新するとともに、新開発の安全運転支援技術「トヨタ・セーフティ・センスC」を初搭載した。

同支援技術は、自動ブレーキによる衝突回避や車線逸脱警報などの運転支援技術をパッケージにしている。自動ブレーキは作動域が自車速度で10〜80km/hと広く、追突事故のほぼ8割をカバーするという。同日の発表会に出席した小木曽聡常務役員は「実際の死傷事故を減らすことを重要視してきた。そのために多少(投入までの)時間がかかった」と、述べた。

セーフティ・センスCはカローラのエントリーグレードなどを除いて標準搭載されているが、メーカーオプションによりすべてのグレードにも搭載可能。オプション価格は税込みで5万4000円であり、「性能を考慮すれば、お求め安くできたと思う」(小木曽常務)と評価している。

セーフティ・センスCは、同社のエントリーモデルからカローラクラスまでに展開する。また、『プリウス』からの中上級モデルには自動ブレーキの減速幅が大きいなど、より性能を高めた「トヨタ・セーフティ・センスP」を設定していく計画だ。

  • 池原照雄
  • トヨタ カローラ アクシオ 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタの小木曽聡常務役員《撮影 池原照雄》
  • トヨタ カローラ フィールダー 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ カローラ フィールダー 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ カローラ フィールダー 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ カローラ フィールダー 改良新型《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ