中古車購入、4人に1人は現車確認なし…プロトコーポ調べ

業界 レスポンス

プロトコーポレーションは、1月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザーレポート 2015」としてまとめた。

調査は、日本国内に在住する18才以上の自家用車所有者ユーザー6800サンプル(新車3400、中古車3400)を対象に実施。現在の所有車の実態や自動車購入時の意識などを尋ねた。

「今後主流になると思われる原動(エンジン)タイプの種類」との質問では、5年後はガソリン車が主流であると回答したユーザーは26.3%、ハイブリッド車は22.2%という調査結果となった。燃料電池車が主流になると回答したユーザーが最も多かったのは、20年後で19.7%だった。

また、現在中古車を主に利用しているユーザーのうち、27.6%が納車前に実車確認をせずに購入したという調査結果となった。エリア別では、特に東北や甲信越、四国といったエリアが多い傾向となっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 納車前の実車確認なしで中古車を購入したユーザー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ