ホンダ峯川専務、エコカー減税見直し「我々としては決して悪くはない」

業界 レスポンス

ホンダの峯川尚専務執行役員は3月30日に都内にある本社で開いた新車発表会後、報道陣の囲み取材に応じ、4月以降のエコカー減税の基準見直しに伴う影響について「我々としては決して悪くはない」との見方を示した。

峯川専務は4月以降の基準見直しに関して「より厳格になっていくわけなので、ハイブリッド車には追い風」とした上で、「比較的ハイブリッドのラインアップをしっかりもっている我々としては決して悪くはないだろう。新しい税制にはそれほど困ることなく対応はできると思う」と述べた。

同様に4月以降、自動車税が増税になる軽自動車への影響は「もっと駆け込み需要があるのではないかとみていたが、実際には比較的穏やかだったので、このまま穏やかに推移するのかどうかを見極めないとなかなか難しい」としながらも、「ただし軽は日本人の足として定着した乗り物であるので、多少影響はあっても元のように回復していくと思う」と語った。

一方、同日発表した軽オープンカー『S660』に関しては「ホンダのアイコンのようなモデルなので、大事に育てたい。しっかりと長く売っていきたい。台数的にはあまり貢献は大きくないと思うが、ホンダのブランドをもう少し明確にしていく役割を果たしてもらいたい」と期待を寄せた。

  • 小松哲也
  • ホンダ S660 発表会《撮影 小松哲也》
  • ホンダ S660 発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ