子どもの走行データを親に送信…シボレー マリブ 新型の初心者ドライバー支援

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが4月、米国で開催されるニューヨークモーターショー15で初公開する新型『マリブ』。同車には、免許を取得したばかりの子どもを持つ親を安心させるシステムが、自動車メーカーで初めて導入される。

マリブは、GMの米国ベストセラーセダン。トヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』と競合するミッドサイズセダン。初代マリブは北米専用車だが、現行の2代目は世界6大陸、約100か国で販売されるグローバルカーとして開発された。

現行の2代目マリブは2011年4月、上海モーターショー11でワールドプレミア。今回、それから4年を経て、ニューヨークモーターショー15では、3世代目となる新型にモデルチェンジを果たす。

シボレーは3月20日、新型マリブに「ティーン・ドライバー」システムを採用すると発表。これは、免許を取得したばかりの子どもが、ひとりで車を運転する際、親を安心させるために開発されたシステム。

あらかじめ設定された速度以上で走行した場合、音と映像でドライバーに警告を発し、安全運転を促す。また、シートベルト非装着の警告を発するときには、オーディオの音量を自動的に下げ、聞き取りやすくする。

さらに、親に「レポートカード」として、子どもが運転した際の走行データを提供。走行距離や最高速のほか、速度超過の警告回数、前面衝突警報の回数、自動ブレーキやスタビリティコントロールの作動回数などを、親に報告することができる。

  • 森脇稔
  • シボレー マリブ 新型の「ティーン・ドライバー」システム
  • シボレー マリブ 新型の「ティーン・ドライバー」システム
  • シボレー マリブ 次期型の開発テスト車両
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ