ボルグワーナー、ボルボカーズ の全「Drive-E」にターボ供給…新型4気筒

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは3月24日、スウェーデンのボルボカーズの新型4気筒エンジンの全てに同社製ターボチャージャーが採用された、と発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

ボルグワーナーがボルボカーズに供給するのは、ボルボカーズが新開発した「Drive-E」と呼ばれる新世代エンジン用のターボチャージャー。

Drive-Eは、ボルボカーズの主力ユニットとして、順次搭載を拡大中。ガソリン、ディーゼルともに、全て直列4気筒となる。すでに、2.0リットルディーゼルにボルグワーナー製の「R2S」ターボチャージャーを採用。これに続いて、ガソリンのDrive-Eにも、ボルグワーナー製のターボチャージャーが導入された。

これで、ボルボカーズの新型4気筒エンジンDrive-Eの全てに、ボルグワーナー製ターボチャージャーが採用されたことに。ボルグワーナー・ターボシステムズのフレデリック・リサルド社長は、「ターボ技術の効率性を向上させることは、自動車メーカーが排出ガス基準を満たす手助けとなる」と語っている。

  • 森脇稔
  • ボルボ XC90(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ