【バンコクモーターショー15】お手軽カスタマイズで、ホンダ車がサイクロン号に「変身!」

モーターサイクル レスポンス

ホンダのブースに置かれた、見慣れないカラーリングの『MSX125』。近く見ると、車体のあちこちに「仮面ライダー」あるいは「MASKED RIDER」と書かれている。

これは「仮面ライダー」シリーズに登場する「サイクロン号」に変身させたカスタマイズなのだ。サイクロン号は作品ごとに異なっているが、このステッカーセットには「V1」という表記があり、シリーズ最初の作品に登場するものをベースにしているようだ。

昨年のバンコクショーで、ホンダはガンダム仕様のMSX125(日本名『グロム』)を展示。これはAPホンダが展開する純正アクセサリーブランド「H2C」のステッカーキットを装着したものだった。今回のサイクロン号仕様も同様に、H2Cのドレスアップ用ステッカーとして販売されているもの。

もちろん正式な許諾を得て商品化されているのだが、販売はタイ国内に限るという条件付き。残念ながら日本で販売されることはない。これはガンダム仕様も同じ。それにしても、なぜガンダムや仮面ライダーなのか。それはタイ人スタッフの発案だからだという。

APホンダの日本人スタッフによれば「実際のところ、タイの人たちがどれくらい仮面ライダーについて理解しているか、親しみを感じているはわかりません。ですが現地スタッフのアイデアはなるべく尊重し、サポートしてあげることにしています。だから商品化を決断しました」とのことだ。

たしかに、映像コンテンツに登場するシーンを見て日本ブランドのプロダクトに興味を持つ、あるいはその逆に、モーターサイクルを通じて日本のポップカルチャーに関心を抱くというのは、日本企業とタイ人の双方にメリットをもたらすものだろう。

そしてジャンルを飛び越えてクロスオーバーすることで生まれるカオス感もまた、日本のポップカルチャーの特徴だ。ちなみにサイクロン号には、ホンダ以外の車種も多く使われている。つまり他のメーカーからサイクロン号レプリカが登場してもまったく不思議ではない、というのがまた面白い。

ところでホンダブースには、別のMSX125カスタマイズモデルも展示された。オレンジのフレームにマットブラックのボディを持つエンデューロモデル風の車両は、APホンダが開催したカスタムコンテストで最優秀賞を獲得した作品だという。

モトクロッサー風のモデルはH2Cの商品を使って、外部のカスタムショップが仕立てたもの。MSX125のフィールドはオンロードだけではない、ということを示している。そういえばサイクロン号も、GPマシンのような大型カウルを装着していながらオフロードを爆走していたものだ。これはまったくの偶然だろうけれども。

  • 古庄 速人
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • サイクロン号に変身したホンダMSX125(バンコクモーターショー15)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(カスタムコンテスト最優秀賞作品)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(カスタムコンテスト最優秀賞作品)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(カスタムコンテスト最優秀賞作品)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(カスタムコンテスト最優秀賞作品)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(カスタムコンテスト最優秀賞作品)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(オフロード・カスタマイズ)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(オフロード・カスタマイズ)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(オフロード・カスタマイズ)《撮影 古庄速人》
  • ホンダMSX125(ガンダム仕様、2014年バンコクモーターショー)《撮影 古庄速人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ