フォード、インドに新工場…現地生産能力は2倍に

業界 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは3月26日、インドに新工場を開業した。

この新工場は、インド西部グジャラート州サナンドに建設されたもの。車両とエンジンを組み立てる。新工場の稼働により、フォードモーターのインド生産能力は、2倍に増える。

新工場の年産能力は当初、車両が24万台、エンジンが27万基。これによって、フォードモーターのインド全土の生産能力は、車両が44万台、エンジンが61万基に拡大する。

フォードモーターは、新工場の建設を2011年9月に開始。総投資額は、10億ドルを超えている。新工場は、エンジン製造から車体プレス、塗装、組み立てまでを行う一貫工場。

フォードモーターのマーク・フィールズ社長兼CEOは、「サナンド工場の開業により、インドでの成長をさらに飛躍させることを約束する」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • デリーモーターショー14 フォード フィエスタ(参考画像)《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ